カーロの住宅履歴

<住宅履歴情報とは>
住宅履歴情報とは、住宅の設計や工事、アフターサービスや権利及び資産に関する情報をいいます。具体的には「設計図書」と呼ばれる平面図、施工図をはじめ、建物に使用した部材・部品、維持管理の記録を情報として蓄積します。いわば住まいの「整備手帳」のようなものです。

<住宅履歴情報の必要性>
日本の住宅の平均寿命はおよそ30年といわれ、欧米と比較してもかなり短いことが指摘されています。これは築年数が経った建物は資産価値が低くなってしまうこと、中古住宅の流通が少ないなど、さまざまな要因が考えられます。今後は物を壊して建て直すのではなく、「いいものをつくって、きちんと手入れして、長く大切に使う」、住宅をストック型社会の住宅へと転換することが求められています。また、住宅履歴情報を記録しておくと、定期的な維持管理が可能になるだけでなく、万一、部品等のリコールが発生した場合、対応が容易になることが期待されています。また不動産売買契約書や図面がデータとして保管されますので、地震や風災などの災害時に滅失する可能性を軽減できます。

弊社では住宅履歴情報の蓄積をおすすめしております。また、瑕疵保険にご加入のお客様へは標準で住宅履歴情報を登録した上でお客様へ提供しております。

<料金>

50M 25,000円+税
住宅履歴情報登録及びID等発行依頼料を含む